2017年02月17日

「テロ等準備罪」の対象犯罪277に絞る

政府は、「テロ等準備罪」で対象となる犯罪を277に絞り込んだ。
政府が検討を進めるテロ等準備罪は、「懲役・禁錮4年以上」の犯罪を対象としている。
そのため、当初の原案では、対象が676に及び、与党・公明党は数が多すぎるとして、「テロと関連がある犯罪に絞り込むべきだ」と要請していた。
これを受け、政府は17日までに、テロをはじめとした組織犯罪と関連が深い罪、あわせて277に絞り込み、与党との調整を始めた。
政府は3月上旬にも、閣議決定を経て、今の国会に法案を提出したい考えだが、与党との調整次第で、対象となる犯罪の数が変わる可能性もある。

フジテレビ系(FNN) 2017/2/17
posted by terrorism at 19:02| Comment(0) | ニュース

2017年01月22日

パキスタンで爆弾テロ、20人死亡 反政府勢力が犯行声明

イスラマバード(CNN) パキスタン北西部の部族地域クラム地区のパラチナルにある野菜市場で21日午前、即席爆弾が爆発し、軍のメディア部門によると少なくとも20人が死亡、40人が負傷した。

パラチナル当局の高官によると、市場には大勢の市民が集まっていた。治安部隊が現場周辺を封鎖し、犯人の捜索が行われている。軍のヘリコプターが出動して負傷者を運んでいるという。

反政府武装勢力「パキスタン・タリバーン運動(TTP)」が犯行声明を出し、イスラム教シーア派を狙った攻撃だと宣言した。TTPの報道担当者は、同勢力と連携するスンニ派の過激派組織「ラシュカレ・ジャングビ」の指導者2人が殺害されたことに対する報復だと述べた。

CNN.co.jp 2017/1/22
posted by terrorism at 19:12| Comment(0) | ニュース

2016年09月19日

ニューヨーク爆弾、「両方とも金属片入り圧力鍋」

米ニューヨーク市マンハッタンのチェルシー地区で17日午後8時半(日本時間18日午前9時半)ごろに起きた爆発について、市当局は、使用されたのは大量の金属片の入った圧力鍋だと明らかにした。約300メートル離れた場所で発見された不審物も同様で、報道によるといずれも、2013年4月のボストンマラソン爆破事件で使われたものと似ているという。米紙ニューヨーク・タイムズが市捜査幹部の話として伝えた。

報道によると、2つの装置はいずれも、折り畳み式の携帯電話とクリスマス用の装飾ライトを使用し、圧力鍋の中の爆発物を起爆させる仕組みになっていた。2つ目の不審物は、爆発前に発見・撤去され、警察が処理した。

ニューヨーク州のクオモ知事は、2つ目の装置はチェルシー地区で爆発したものと「似た設計」のように見えると述べた。17日には近隣ニュージャージー州のチャリティーレースでパイプ爆弾が爆発しているが、ニューヨークの爆発物はパイプ爆弾と設計は似ているものの異なる仕組みだという。

チェルシー地区の爆発では、29人が負傷した。ニュージャージー州の爆発では負傷者はいなかった。

BBC News 2016年9月19日
posted by terrorism at 12:28| Comment(0) | テロ対策