2017年05月27日

英テロ事件でモスクに火炎瓶、脅迫。現地でヘイトクライム倍増

英中部マンチェスターで起きた自爆テロ事件で、マンチェスター警察は26日、イスラム教徒を標的とした人種や宗教差別を巡る通報が事件前に比べ2倍に増えていることを明らかにした。事件直後にはモスクに火炎瓶が投げられ、建物の一部が焦げる事件も起きており、警察は厳しく対応する姿勢だ。

警察によると、事件直前には人種や宗教を巡る嫌がらせなどの通報は1日平均28件だったが、事件後の24日だけで56件に倍増した。

英紙ガーディアンによると、イスラム教徒の女性が路上で何者かにたたかれたり、「国から出て行け」などと暴言を浴びせられたりするなどの例もあるという。英BBCは、警察には人種差別を助長する落書きや、イスラム教徒が通う学校に対する脅迫など、嫌がらせに関する通報が数多く寄せられていると伝えている。

毎日新聞 2017/5/27
posted by terrorism at 11:53| Comment(0) | 事件

2017年04月04日

キルギスの男が自爆?露地下鉄爆発死者14人に

ロシア第2の都市サンクトペテルブルクの地下鉄で起きた爆発事件で、中央アジア・キルギスの治安当局は4日、同国出身の男が自爆テロを行ったとの見方を明らかにした。

インターファクス通信などが伝えた。露捜査当局は、この男が爆発物をリュックサックに入れて持ち込み、走行中の車内で起爆装置を作動させたとみている。ロシア保健相は同日、事件による死者が14人、負傷者が49人になったと発表した。

露連邦捜査委員会は4日、「爆発物を持ち込んだとみられる男の遺体が、地下鉄の3両目で見つかった」と発表した。氏名は明らかにしなかった。爆発は前から3両目で発生したとされる。

同通信などによると、男は20歳代前半。ウズベキスタン国境に近いキルギス南部のオシ出身で、6年以上にわたりサンクトペテルブルクで暮らしていた。アクバルジョン・ジャリロフという名前で、ロシア国籍を取得しているという。

読売新聞 2017/4/4
posted by terrorism at 21:23| Comment(0) | 事件

2017年02月17日

「テロ等準備罪」の対象犯罪277に絞る

政府は、「テロ等準備罪」で対象となる犯罪を277に絞り込んだ。
政府が検討を進めるテロ等準備罪は、「懲役・禁錮4年以上」の犯罪を対象としている。
そのため、当初の原案では、対象が676に及び、与党・公明党は数が多すぎるとして、「テロと関連がある犯罪に絞り込むべきだ」と要請していた。
これを受け、政府は17日までに、テロをはじめとした組織犯罪と関連が深い罪、あわせて277に絞り込み、与党との調整を始めた。
政府は3月上旬にも、閣議決定を経て、今の国会に法案を提出したい考えだが、与党との調整次第で、対象となる犯罪の数が変わる可能性もある。

フジテレビ系(FNN) 2017/2/17
posted by terrorism at 19:02| Comment(0) | ニュース