2015年02月03日

個人の過激化、テロ警戒=イスラム国日本標的で―不審情報収集強化・警視庁

過激組織「イスラム国」が日本を標的にしたテロを宣言したことで、警察当局はその影響を受けて過激化した個人によるテロを警戒している。警視庁は爆発物の原料などを扱う民間事業者とも連携し、不審者情報の収集を一段と強化している。
政府はテロリストの侵入防止や国内のテロ対策強化を進めている。ただ、「組織的な攻撃ではなく、過激化した個人によるテロを事前に察知するのは容易ではない」(政府関係者)。
昨年10月にカナダの首都オタワで起きた議会議事堂襲撃事件や、イスラム国に傾倒した男による同12月のオーストラリアの人質立てこもり事件は、いずれも単独犯とみられている。

時事通信 2015年2月3日
posted by terrorism at 18:14| Comment(0) | テロ対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: