2015年03月05日

駐韓米大使、襲われる 米高官「日本寄り」発言と関連か

リッパート駐韓米大使が5日午前7時40分ごろ、ソウル市内の講演会会場で男に刃物で襲われ、負傷した。男はその場で取り押さえられ、連行された。韓国内では最近、シャーマン米国務次官の発言が「日本寄り」だとの批判が出ており、警察当局が関連を調べている。

警察当局によると、男は柄の部分も含めて長さ約25センチの刃物でリッパート大使を切りつけた。大使は顔のあたりから血を流し、関係者に支えられながら会場を歩いて出て、警察車両に乗って病院に向かった。ソウル市内の病院で治療を受けているが、命に別条はないという。

取り押さえられた男は、竹島(韓国名・独島(トクト))の領有権を主張する団体代表のキム・ギジョンと自ら名乗り、「米国のやつを切りつけてやった」「戦争演習反対」「独島は我々の領土だ」などと叫んだ。「戦争演習」は、2日から始まった米韓合同軍事演習を指すとみられる。

朝日新聞デジタル 2015年3月5日
posted by terrorism at 11:39| Comment(0) | 事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: