2015年03月29日

ソマリア首都でホテル襲撃、外交官ら6人死亡

モガディシオ(CNN) ソマリアの首都モガディシオで27日夕方、ホテルが武装勢力に襲撃され、ソマリアの外交官を含め、少なくとも6人が死亡した。その後、国際テロ組織アルカイダ系イスラム過激派組織「シャバブ」が犯行声明を出した。

襲撃は午後5時ごろに発生。目撃者によると、まずホテルの入口で自動車爆弾が爆発し、その後、武装集団がホテルに侵入して人々に発砲した。また警察によると、爆弾を身に付けた武装集団の1人がホテル内で自爆したという。

シャバブの広報担当はCNNに対し、ホテル襲撃は自分たちの犯行であると認め、スパイや政府関係者が標的だったと述べた。

シャバブは長年、ソマリアで活動を続けており、当初はソマリア政府を打倒し、より厳格なイスラム法(シャリア)を同国に導入することを目指していたが、その後ソマリアや隣国でのテロ攻撃に重点を移している。

CNN.co.jp 2015年3月28日
posted by terrorism at 12:41| Comment(0) | 事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: