2015年04月10日

<アフガニスタン>タリバン、法廷を襲撃…16人死亡

アフガニスタン北部マザリシャリフで9日、武装集団が裁判所を襲撃した。地元の病院関係者によると、市民ら少なくとも16人が死亡、67人が負傷した。武装集団の一部が人質を取って建物内に立てこもったとみられ、治安部隊は銃撃戦の末、4人全員を殺害した。

AFP通信によると、旧支配勢力タリバンが犯行を認めた。アフガン内務省などによると、武装集団は軍服姿で、自爆用ベストなどで武装していた。入り口で手投げ弾を爆発させた後、建物内に侵入したという。

タリバンは昨年10月にも北部クンドゥズ州で裁判所を襲撃し、検察官らを殺害している。アフガンでは昨年末で駐留外国軍が任務を終え、今年からアフガン軍が治安の全権を担っているが、治安悪化が懸念されている。

毎日新聞 2015年4月10日
posted by terrorism at 21:15| Comment(0) | 事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: