2016年09月19日

ニューヨーク爆弾、「両方とも金属片入り圧力鍋」

米ニューヨーク市マンハッタンのチェルシー地区で17日午後8時半(日本時間18日午前9時半)ごろに起きた爆発について、市当局は、使用されたのは大量の金属片の入った圧力鍋だと明らかにした。約300メートル離れた場所で発見された不審物も同様で、報道によるといずれも、2013年4月のボストンマラソン爆破事件で使われたものと似ているという。米紙ニューヨーク・タイムズが市捜査幹部の話として伝えた。

報道によると、2つの装置はいずれも、折り畳み式の携帯電話とクリスマス用の装飾ライトを使用し、圧力鍋の中の爆発物を起爆させる仕組みになっていた。2つ目の不審物は、爆発前に発見・撤去され、警察が処理した。

ニューヨーク州のクオモ知事は、2つ目の装置はチェルシー地区で爆発したものと「似た設計」のように見えると述べた。17日には近隣ニュージャージー州のチャリティーレースでパイプ爆弾が爆発しているが、ニューヨークの爆発物はパイプ爆弾と設計は似ているものの異なる仕組みだという。

チェルシー地区の爆発では、29人が負傷した。ニュージャージー州の爆発では負傷者はいなかった。

BBC News 2016年9月19日
posted by terrorism at 12:28| Comment(0) | テロ対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: