2017年02月17日

「テロ等準備罪」の対象犯罪277に絞る

政府は、「テロ等準備罪」で対象となる犯罪を277に絞り込んだ。
政府が検討を進めるテロ等準備罪は、「懲役・禁錮4年以上」の犯罪を対象としている。
そのため、当初の原案では、対象が676に及び、与党・公明党は数が多すぎるとして、「テロと関連がある犯罪に絞り込むべきだ」と要請していた。
これを受け、政府は17日までに、テロをはじめとした組織犯罪と関連が深い罪、あわせて277に絞り込み、与党との調整を始めた。
政府は3月上旬にも、閣議決定を経て、今の国会に法案を提出したい考えだが、与党との調整次第で、対象となる犯罪の数が変わる可能性もある。

フジテレビ系(FNN) 2017/2/17
posted by terrorism at 19:02| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: