2015年05月24日

パルミラ博物館で破壊行為。遺跡都市制圧のイスラム国―シリア

AFP通信によると、シリア高官は23日、首都ダマスカスで記者会見し、過激派組織「イスラム国」が制圧した中部の遺跡都市パルミラにある博物館に立ち入り、展示品の一部を破壊したことを明らかにした。
高官は、同組織が「21日にパルミラ博物館内に入り、先史時代の生活ぶりを伝えるために使われていた石こうの像を幾つか壊した」と述べた。この像はあくまで来館者への説明用に作られたもののようで、古代遺物に被害があったかははっきりしない。また、同組織はパルミラの遺跡群を見渡せる古代の城に組織の旗を掲げたという。
博物館の収蔵品の大半は、同組織の手に渡るのを避けるため、制圧前にダマスカスに搬送された。ただ、3、4
tの重さがある大理石のひつぎなど一部の大きな収蔵品は移動できずに残されたままだ。 

時事通信 2015年5月23日
posted by terrorism at 10:48| Comment(0) | 事件

2015年04月25日

官邸ドローン事件 山本容疑者、ドローン2機持って出頭 操縦機や砂も所持

東京都千代田区の首相官邸に小型無人飛行機「ドローン」が侵入した事件で、威力業務妨害容疑で逮捕された無職の容疑者(40)が24日夜に福井県警小浜署へ出頭した際、ドローン2機と操縦機(コントローラー)4つを所持していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

容疑者が犯行の状況などを投稿したとしているブログには、9日に官邸へドローンを侵入させた後、新たな機体を用意して再び侵入を計画するような書き込みがあった。

また、容疑者は砂が入った容器も持参。官邸で見つかったドローンに積まれていた容器からは微量の放射線が検出され、中からは砂が見つかっており、警視庁は関連を調べる。

産経新聞 2015年4月25日
posted by terrorism at 21:16| Comment(0) | 事件

2015年04月10日

<アフガニスタン>タリバン、法廷を襲撃…16人死亡

アフガニスタン北部マザリシャリフで9日、武装集団が裁判所を襲撃した。地元の病院関係者によると、市民ら少なくとも16人が死亡、67人が負傷した。武装集団の一部が人質を取って建物内に立てこもったとみられ、治安部隊は銃撃戦の末、4人全員を殺害した。

AFP通信によると、旧支配勢力タリバンが犯行を認めた。アフガン内務省などによると、武装集団は軍服姿で、自爆用ベストなどで武装していた。入り口で手投げ弾を爆発させた後、建物内に侵入したという。

タリバンは昨年10月にも北部クンドゥズ州で裁判所を襲撃し、検察官らを殺害している。アフガンでは昨年末で駐留外国軍が任務を終え、今年からアフガン軍が治安の全権を担っているが、治安悪化が懸念されている。

毎日新聞 2015年4月10日
posted by terrorism at 21:15| Comment(0) | 事件