2015年11月24日

フランス、空母から3都市空爆 IS支配のシリア領にも

パリ同時多発テロを受け、フランス国防省は23日、地中海に展開中の原子力空母「シャルル・ドゴール」から出撃した艦載機が、過激派組織「イスラム国」(IS)が「首都」と位置づけるシリア北部ラッカなどイラクとシリアの拠点都市3カ所を空爆したと発表した。仏空母艦載機によるIS空爆は初めて。国防省は、ラッカへの攻撃ではIS司令部を含む複数の施設の壊滅を狙ったと説明。フランスは今後、米国やロシアとも連携してISへの攻撃を一層強化するとみられる。

毎日新聞 2015年11月24日
posted by terrorism at 20:48| Comment(0) | ニュース

高速鉄道駅に金属探知機=テロ対策で設置へ―仏

フランス政府で鉄道を所管するロワイヤル環境相は24日のラジオ出演で、パリ同時テロを受けた再発防止策として、パリと北部リールの高速鉄道駅に金属探知機を設置する方針を明らかにした。
クリスマス前の12月20日までに設置を終えるという。乗客に対して航空機並みの荷物チェックを実施し、車内への武器持ち込みを防ぐ。 

時事通信 2015年11月24日
posted by terrorism at 20:45| Comment(0) | ニュース

米国務省、全世界対象の渡航注意を国民に勧告

米国務省は23日、米国民に対し全世界を対象とする渡航注意勧告を出した。
発表は「テロリストの脅威が増している」と指摘。イスラム過激派組織「イスラム国」や国際テロ組織アル・カーイダ、ナイジェリアのイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」などが「複数の地域でテロ攻撃を計画していることを示す情報がある」と警戒を呼びかけた。勧告の期限は来年2月24日まで。全世界対象の勧告は、オーストラリア・シドニーで昨年12月に起きた人質立てこもり事件後に出されて以来。

読売新聞 2015年11月24日
posted by terrorism at 20:44| Comment(0) | ニュース