2015年04月02日

国連安保理、ボコ・ハラム ナイジェリアから周辺国へ拡大

西アフリカのナイジェリア北東部のイスラム過激派ボコ・ハラムについて、チャンバス国連事務総長特別代表(西アフリカ担当)は3月30日、国連安全保障理事会に情勢報告した。ナイジェリアでの勢いは衰える一方、周辺国への攻撃を強化し、カメルーンやチャド、ニジェールが「深刻な人道、人権への影響に直面している」と指摘。市民虐殺のほか、子供を自爆テロに使う事例などが相次いでいると訴えた。

特別代表によると、ボコ・ハラムは今年初め、ナイジェリア北東部3州で計約20の行政区域を支配。ナイジェリアや周辺国で150万人が家を追われた。だが、チャドなど多国籍部隊の軍事介入を受け、現在はボルノ州のわずかな区域を掌握しているのみ。大統領選ではボコ・ハラムによる攻撃が一部で報告されたが、投票全体への影響はなかった。

一方で特別代表は、ボコ・ハラムが、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)に忠誠を誓ったことに着目。IS同様、イスラム国家樹立を目指し「ナイジェリア国境を越えた(勢力拡大の)意図があるのは明らか」と懸念を表明した。

カメルーンでは、ボコ・ハラムによる市民の無差別殺害や、女性や少女の誘拐、戦闘への参加を拒んだ男性らに対する「組織的な射殺、虐殺」を確認。ニジェールでは、子供を「戦闘員や自爆要員」として徴用していた。

カン事務次長補(人道担当)も安保理に報告し、ボコ・ハラムがナイジェリアと周辺国で昨年以降に殺害した市民は7300人以上、今年だけで約1000人に上ることを明らかにした。

毎日新聞 2015年4月1日
posted by terrorism at 08:35| Comment(0) | ニュース

2015年03月12日

過激派の一部、ISISに参加か 新疆ウイグル自治区

北京(CNN) 中国・新疆ウイグル自治区トップの張春賢・同区共産党委員会書記は12日までに、同自治区での暴力事件の増加は外国のイスラム過激派、特に「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の台頭と関連があるとの見方を示した。

張書記は「自治区の過激派のなかにはISISに参加した者もいる。国際的な過激派勢力を無視できない証拠だ」と指摘。国際社会でISISの危険性が認識されるなかで、中国もテロとの戦いを各国と協力して進めていくとの考えを示した。

同自治区では暴力事件が多発し、この2年間に数百人が死亡している。政府はイスラム教徒が多いウイグル族の独立派が事件を引き起こしているとの見方を示す。

張書記は「(ISISの)戦闘に直接参加した後に帰国した人々も摘発した。単独犯というケースもあれば、集団というケースもある。歴史的に前例がない状況だ」と述べた。

張書記は、透明性に欠けるという自治区政府への批判については、「こうした問題を解決し住民の安全を守るために、情報を機密扱いにし、時間をかけなければならないこともある」と述べた。

過去数十年にわたり新疆ウイグル自治区には漢族が多数移り住み、民族間の緊張が高まる原因ともなっている。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによれば、ウイグル族は住宅や教育、雇用の面でさまざまな差別を受け、信教の自由も十分に認められていないという。

暴力事件の増加の原因は、中国政府の圧政にあるとの批判もあるが、政府はこれに強く反発している。

CNN.co.jp 2015年3月12日
posted by terrorism at 14:06| Comment(0) | ニュース

2015年03月11日

一部過激派が「イスラム国」に 新疆ウイグル自治区

中国の新疆ウイグル自治区のトップが会見し、一部の過激派が密出国して、過激派組織「イスラム国」に合流する実態があることを明らかにしました。

新疆ウイグル自治区・張春賢書記:「摘発した過激派分子には『イスラム国』で戦闘に参加した後に中国に戻ってきた者もいる」
中国ではウイグル族が東南アジアなどに密出国を図るケースが相次いでいますが、新疆ウイグル自治区の張春賢書記は、イスラム国に合流する出国者もいるとして、国際社会と連携して取り締まる姿勢を示しました。香港メディア「明報」は、6日に南部の広州市で起きた無差別襲撃事件は、密出国を計画していた約40人のウイグル族のグループが摘発されたことへの報復だったと伝えています。

テレビ朝日系(ANN) 2015年3月11日
posted by terrorism at 10:59| Comment(0) | ニュース