2015年03月12日

過激派の一部、ISISに参加か 新疆ウイグル自治区

北京(CNN) 中国・新疆ウイグル自治区トップの張春賢・同区共産党委員会書記は12日までに、同自治区での暴力事件の増加は外国のイスラム過激派、特に「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の台頭と関連があるとの見方を示した。

張書記は「自治区の過激派のなかにはISISに参加した者もいる。国際的な過激派勢力を無視できない証拠だ」と指摘。国際社会でISISの危険性が認識されるなかで、中国もテロとの戦いを各国と協力して進めていくとの考えを示した。

同自治区では暴力事件が多発し、この2年間に数百人が死亡している。政府はイスラム教徒が多いウイグル族の独立派が事件を引き起こしているとの見方を示す。

張書記は「(ISISの)戦闘に直接参加した後に帰国した人々も摘発した。単独犯というケースもあれば、集団というケースもある。歴史的に前例がない状況だ」と述べた。

張書記は、透明性に欠けるという自治区政府への批判については、「こうした問題を解決し住民の安全を守るために、情報を機密扱いにし、時間をかけなければならないこともある」と述べた。

過去数十年にわたり新疆ウイグル自治区には漢族が多数移り住み、民族間の緊張が高まる原因ともなっている。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによれば、ウイグル族は住宅や教育、雇用の面でさまざまな差別を受け、信教の自由も十分に認められていないという。

暴力事件の増加の原因は、中国政府の圧政にあるとの批判もあるが、政府はこれに強く反発している。

CNN.co.jp 2015年3月12日
posted by terrorism at 14:06| Comment(0) | ニュース

2015年03月11日

一部過激派が「イスラム国」に 新疆ウイグル自治区

中国の新疆ウイグル自治区のトップが会見し、一部の過激派が密出国して、過激派組織「イスラム国」に合流する実態があることを明らかにしました。

新疆ウイグル自治区・張春賢書記:「摘発した過激派分子には『イスラム国』で戦闘に参加した後に中国に戻ってきた者もいる」
中国ではウイグル族が東南アジアなどに密出国を図るケースが相次いでいますが、新疆ウイグル自治区の張春賢書記は、イスラム国に合流する出国者もいるとして、国際社会と連携して取り締まる姿勢を示しました。香港メディア「明報」は、6日に南部の広州市で起きた無差別襲撃事件は、密出国を計画していた約40人のウイグル族のグループが摘発されたことへの報復だったと伝えています。

テレビ朝日系(ANN) 2015年3月11日
posted by terrorism at 10:59| Comment(0) | ニュース

2015年03月02日

世界のテロ、件数・死者とも過去45年で最悪に

クラッパー米国家情報長官は26日、上院軍事委員会の公聴会に出席し、2014年に世界で発生したテロの件数と死者数が過去45年間で最悪になるとの見通しを示し、「イスラム過激派組織『イスラム国』が、他のどのテロ組織よりも攻撃を行った」と指摘した。

クラッパー氏によると、14年9月までのテロ発生件数は約1万3000件で、死者は約3万1000人。年間でそれぞれ約1万1500件、約2万2000人だった13年を大幅に上回っている。発生件数と犠牲者の約半数はイラク、パキスタン、アフガニスタンの3か国となっている。

クラッパー氏はまた、中国が南シナ海で岩礁や浅瀬の埋め立てを加速させていると明言。南シナ海に領有権の範囲を示す「九段線」を設定し、「法外な要求を行っている」と指摘した上で、「米国と安定した関係を目指す一方、海洋を巡る領有権では利益追求のために周辺国との緊張も辞さない」と語った。

読売新聞 2015年2月27日
posted by terrorism at 21:21| Comment(0) | ニュース