2015年06月03日

サウジで自爆テロ モスク近く、4人死亡

サウジアラビア東部ダンマンにあるイスラム教シーア派のモスク(礼拝所)近くの駐車場で29日、金曜礼拝を狙った自爆テロがあり、実行犯の男を含む4人が死亡した。

ダンマン近郊では1週間前にも21人が死亡する自爆テロが起きたばかり。今回も前回と同様、シーア派を異端視するイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が犯行声明を出した。

ロイター通信などによると、実行犯の男は女性用の衣装を着て変装し、駐車場に車を停車。モスクの入り口付近で検問中の警備員らが不審に思い近づいた直後に、車内で自爆したという。男は、建物内への侵入を狙っていた可能性がある。

産経新聞 2015年5月31日
posted by terrorism at 05:20| Comment(0) | 事件

ナイジェリアの礼拝所で自爆テロ、26人が死亡

AFP通信によると、ナイジェリア北東部ボルノ州の州都マイドゥグリのモスク(イスラム教礼拝所)で30日、自爆テロがあり、少なくとも26人が死亡した。
地元警察によると、犯人は礼拝者を装って紛れ込み、自爆したという。犯行声明などは出ていないが、同地ではイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」が関与したとみられる自爆テロが頻発している。

読売新聞 2015年6月1日
posted by terrorism at 05:19| Comment(0) | 事件

2015年05月24日

パルミラ博物館で破壊行為。遺跡都市制圧のイスラム国―シリア

AFP通信によると、シリア高官は23日、首都ダマスカスで記者会見し、過激派組織「イスラム国」が制圧した中部の遺跡都市パルミラにある博物館に立ち入り、展示品の一部を破壊したことを明らかにした。
高官は、同組織が「21日にパルミラ博物館内に入り、先史時代の生活ぶりを伝えるために使われていた石こうの像を幾つか壊した」と述べた。この像はあくまで来館者への説明用に作られたもののようで、古代遺物に被害があったかははっきりしない。また、同組織はパルミラの遺跡群を見渡せる古代の城に組織の旗を掲げたという。
博物館の収蔵品の大半は、同組織の手に渡るのを避けるため、制圧前にダマスカスに搬送された。ただ、3、4
tの重さがある大理石のひつぎなど一部の大きな収蔵品は移動できずに残されたままだ。 

時事通信 2015年5月23日
posted by terrorism at 10:48| Comment(0) | 事件